2005年06月17日

inソウル-3day-01

0617_01.jpg早朝電話が鳴る。同ホテル宿泊の2人が帰国で、宿の手配を取っていなくって二日酔いのKさんをバトンタッチしてほしいとの電話でした。もちろん承諾です〜。
まもなく、部屋に大きな荷物とかっぱえびせんを持ってKさんは、やってきました。6時だったか7時だったか・・・よく覚えていませんが、とりあえずまた一眠りzzz。
8時起床、身支度をしているとまた電話。まだKさんは爆睡。・・・こんどは、な、なに?と思ったら日本を発つ前日に「ソウルへ行きますメール」をしたテグ市に住んでいる友人からの電話でした。「明日会おうよ!」との嬉しい電話で詳細は今晩23時にまた電話するね、とのことでした。ワクワク!!
そろそろ、初日を迎えるロダンGへ行こうかなーとKさんを誘う。フロントにて郵便を出す。生れて初めて海外からお手紙だしたよ〜。ちゃんと届くかな、ドキドキ。そして、タクシーで向かいましたが到着すると開館10時がびみょ〜に過ぎてました。おしいっ!
会場は混雑している様子もなく、ゆっくり鑑賞できました。平日の朝ですからね。
ガンガンにROCKがこぼれているseoul houseを見上げていると視界にNさん親子登場!!わぁ!ヨカッタ、会えた会えた。来られないはずの私がいたので、当然ながらビックリされてました。夕飯ご一緒の約束を19時にしていったんお別れ。

0617_02.jpg今日も良いお天気。
12時からは4人でリウム美術館へ。
場所がちょっとわかりづらいところに建っているらしいが、ハイアットホテルを目指せばいいらしい。でもタクシードライバーさんは、ハイアットホテルを知らないらしく何度も道を尋ねてて・・・。ハイアットホテルが見えたときには唖然。こんなにでっかいホテルなら市内のランドマーク的存在じゃん・・・。車ではあり得ない急こう配を下ったり、何度も道に迷いなんとも到着まで恐怖のドライブでした。
エントランスまでの通路にはデジタル数字の点滅が埋め込まれていてまるでタイムトンネルの中を歩いているようでした。
0617_03.jpgサムソン会長がコレクションしている国宝級の数々。音声ガイドはPDA。音声だけはない、画像と文字ガイド付き。さすがサムソン。でも韓国語と英語版のみなので、私はとりあえず英語ガイドで古美術品から現代美術まで4階から回廊。なんといっても建物が素晴らしい。世界から建築家3人が集結した複合美術館です。
美術館の名前「リウム」の由来は、サムソンの李会長の「李」+「ミュージアム」。何から何まで素晴らしい。予約制のこの美術館は本来、2ヶ月待ちらしい。関係者のみなさんに厚く感謝の気持ちを刻むのはいうまでもない。
ソウルは、企業が美術に強く関心を持っていて、もちろん個人ギャラリー経営も多く、公共の美術館も頑張ってます!という印象。ソウルの街の急速な進化とともに現代アートの発達も現地に着て初めて気づいたことでした。

0617_04.jpgロダンGへ戻ると偶然ならさんとバッタリ。15時30分ころの遅い昼食をご一緒していただきました。こ、これが唯一ソウルで私の口には合わないお料理でした。^^;
ロダンG近くの晋州会館というお店に冷麺の写真があったので入店したのですが、ハングル表記しかなく、店員さんおすすめのお料理をオーダーすると、し、白い!!!コングクスという冷麺らしいです。(帰国後、調べました。)キムチがないと全く食が進まず、それでも私は全部食べられませんでした。お店にいたお客さんはお汁まで全部飲んでいて、んー・・・スゴイな。まぁでもこのコングクスのおかげでちょっとは疲労回復できていたかもしれないしー。でももう食べたくないな。笑

0617_06.jpgランチ後、ならさんも加わってギャラリー巡りへ。ジャンボタクシーで支庁前から移動。
二度目のHYUNDAI GALLERYから始まり、本当はここで個展をしたかったという何とかセンターに向かったら、ここは6ヶ月間閉館。あ〜。
昨日学芸Mさん(本日早朝帰国)が行きたかったけど閉廊していたKUKJE GALLERYでは、ならさんの知人キムさんとバッタリ。日本在住のキムさんは、日本の友人の方々とならさんの個展を観るためにソウルへおいでになったとか。PUPくんとかshopで買ったお土産をたくさん持ってました。こんなところでバッタリなんてやっぱり世界は狭いですね〜。

0617_05.jpg仁寺洞にある耕仁美術館の中にある伝統茶院でお茶休憩。おちゃの名前忘れちゃったー。貧血に効くみたいに書いていたのでオーダーしたような記憶です。なので、ちょっとお薬っぽい味でしたョ。

テクテク歩いて気づいたら1時間も歩いていて、、、ロダンGへ。松井さんがいらっしゃるかもしれないとのことで戻ったのですが、時刻は18:30をまわっていて、ギャラリーはクローズ。ならさんはホテルにいったんお戻り。私は支庁前からタクシーでNさん親子が待つ明洞へ向かう。松井さんにご挨拶したかったナ。
posted by まゆみぃ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。