2005年08月13日

不伝心

目がはれたまま出勤。前髪が長くて助かった。

気分の転換ができないまま、追い討ちをかけられた今朝の電話…。
「〇〇さんだけじゃなくて」
いったいこの言葉は、どれだけの人に言われ続けているのだろう。
わかってる。
だから新しいことに挑んでみた。
でも、既に草原には見えないレールが形成されていた。想いは届かなかった。

さっきまでの青空まで泣き出した。
でも、レクチャーが終わって帰るころには止んでいた。

まずは頂戴した種にお水を。
どんなお花が咲くか実になるか。
でもその種は最初から死んでいるのかもしれないけれど…。
posted by まゆみぃ at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | OTHER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。